海で絶対に日焼けしないための紫外線対策とは?

   

日焼け

紫外線はUVAとUVBの2種類がある

日焼けからシミやソバカスの原因のとなる紫外線には、UV-A(長波長紫外線)とUV-B(短波長紫外線)の2種類があります。

UVA

UVAは、生活紫外線とも呼ばれていて、雲や窓ガラス、カーテンを通過して肌の奥にまで届く、まさに美白肌の大敵。表皮の下の真皮にまで達して、メラニン色素を増殖させるばかりでなく、コラーゲンやエラスチンを攻撃して、シワやたるみなど肌の老化を引き起こします。

UVB

これに対し、屋外などで日に焼けると、肌がほてったり赤くなったりしますが、それはUV-Bのしわざです。UV-Bはレジャー紫外線とも呼ばれていて、表皮までしか到達しないものの、大量に浴びると肌を守ろうとしてメラニン細胞がメラニン色素を生成するため、シミソバカスの原因となります。

UV-A:シワをつくる波長が長く、真皮まで達して肌のハリやつやのもととなるコラーゲンやエラスチンを壊し、シワの原因となるメラニン細胞の遺伝子にキズをつけ、シミやくすみの原因になることも。

UV-B:シミをつくる波長が短く、真皮までは達しないものの刺激が強く、表皮の底のほうにあるメラニン細胞にキズをつけ、シミを増やす原因となる。

日焼けを防ぐには両波から肌を保護する

手にクリーム

紫外線から肌を守って日焼けを防ぐためには、UV-AとUV-Bの両方をしっかりカットする必要があります。日差しの強い真夏や、南国の海辺では、念入りにUVケアを行ないましょう。

日焼けしないための衣類を選ぶ

砂浜にいるときは、できるだけつばの広い帽子をかぶり、長そでのビーチウエアやTシャツなどを着用し、サンスクリーン剤を2時間に1度ぐらいの割合でつけ直すようにしましょう。

サンスクリーンはこまめに塗りなおす

特に、海からあがった直後は、体をサッとふいて、必ずサンスクリーン剤をつけ直すこと。これで、ある程度、日焼けを防止することができるはずです。

ビタミンCを1日3グラム飲んでおく

そして、美白効果のあるビタミンCを事前に摂取しておくと、さらに安心です。ビタミンCには、メラニン色素が必要以上につくられるのをコントロールしたり肌にダメージを与える活性酸素が日焼けの炎症によってつくられるのを抑える働きがあります。

また、真皮まで入り込むUV-Aは、コラーゲンを破壊するだけでなく肌にうるおいを与えるセラミドの働きもダウンさせてしまいます。ビタミンCにはこのセラミドを守って肌のバリア機能をアップさせる働きがあり、真皮への攻撃をかなり防ぐことができます。

こうした日焼け対策としてビタミンCを摂取するときは、1日3回、1回につき3gぐらいとると、効果を期待できます。

βカロチンは必要以上に飲まないこと

ところで、紫外線などによって活性酸素ができるのを抑える成分として、β-カロチンもよく知られています。しかし、最近、β-カロチンには蓄積性があるためか、とりすぎることによる問題のがいくつか起こっています。いくら肌に良いからといって、必要以上にβ-カロチンをとるのは考えものです。

それに、もともと活性酸素を消去する抗酸化力はβ-カロチンよりビタミンCのほうがすぐれており、肌に対する総合力から考えても、ビタミンCをとるのが一番いいといえるでしょう。

普段の生活のほうが日焼けしやすい

ベランダやお使いで日焼けする

実は、日焼けで問題なのは、こうしたバカンスのときより、むしろ普段の生活にあるのをご存じですが?晴れた日はもちろん、曇りの日も紫外線は地表に降りそそいでいます。ベランダや庭に洗濯物を干すときや、近所におつかいにいくときにも油断は禁物です。

車の運転中にも注意

1窓ガラスやカーテンも通り過ぎてしまうので、室内でも安心できません。車の運転中も要注意です。また、日差しの強烈な夏になってからUVケアをはじめる人が多いようですが、紫外線量は3〜4月頃から急激に増えはじめ5月には真夏とほぼ同じくらいの紫外線量になります。

ですからUVケアは1年中日常的に行なう必要があるのです。

日焼け止めに関する基礎知識

日焼け止め

SPFとPAの違い

ところで、市販のサンスクリーン剤に表示されているSPFとPAの違いについてご存じですか?

SPF(SunProtectionFactor)は、UV-Bの防止効果をあらわす数値です。たとえば日本人の場合、何も塗らない状態で日焼けで肌が赤くなるまでの時間は約20~25分。これを目安にSPFは数値設定されています。SPF10のサンスクリーン剤を塗れば,20〜25分×10倍の約354時間、日焼けするまでの時間を延ばせることになります。

一方、PA(ProtectiongradeofUV-A)は、UV-Aの防御効果をあらわす値。効果の度合を+の数で示していて、PA+は効果がある、PA++はかなり効果がある、PA+++は非常に効果がある、というふうに3段階に分かれています。

塗り直して高いUV効果を得る

SPFもPAも数値が高いほど防止効果も高いといえますが、SPFの場合、SPF30前後までは防御率はアップするものの、それ以上になるとあまり変わらないといわれています

また、どちらも汗をかいたりすると効果が半減するので必要以上に高い数値のものを求めるより、こまめにつけ直すほうが結果的に高いUV効果を期待できるといえそうです。

パッチテストを行い肌アレルギーを確認

化粧品によっては肌にダメージを与えることも多いので、基本的に余計なものを肌に塗るのは感心できませんが、紫外線をカットしてくれるサンスクリーン剤だけは仕方がないでしょう。

ただし、配合されている成分によっては肌あれを起こすことにもなるので、使う前にパッチテストを行ない、安全をたしかめてから使うようにしてください。

こちらに夏に効く最強日焼け止めを特集していますので、参考にしてくださいね。

 - スキンケアの基礎 ,