敏感肌がミネラルコスメを使うべき3つの理由

      2017/03/13

そもそも「 ミネラルコスメ 」とは?

ミネラルコスメ

ミネラルコスメとは鉱物(ミネラル)を含む化粧品を指します。2005年頃からアメリカやヨーロッパでブームが広がった後、日本にも上陸し、浸透しました。今では日本人によってプロデュースされたミネラルコスメブランドも多数あります。

ミネラルコスメを使うべき理由

理由1:ミネラルを含み化学成分は含まず低刺激

酸化鉄・酸化チタン・酸化亜鉛などの鉱物を使用しているミネラルコスメは、界面活性剤やシリコンなどの化学成分を含んでいません

また、主成分が鉱物ですから安定性が高く、防腐剤などの添加物を使用していません。つまり、低刺激であるということも特徴です。

理由2:紫外線を防ぎ肌を守る

紫外線をガード

ミネラル(酸化チタンなど)の特性により紫外線を反射してくれたり、肌を保湿してくれたりといった効果もあるので、メイクをしている間もスキンケアできるというメリットがあります。ミネラルコスメでよく使われるミネラル成分には酸化鉄、酸化チタン、マイカ、シリカなどがあります。

理由3:クレンジング不要で肌に優しい

ミネラルコスメの種類にもよりますが、油分を不使用、または最低限に抑えているのでクレンジングが不要のものが多いのが特徴です。例えば、エトヴォスのファンデーションはお湯で洗い流せると評判です。

クレンジングは界面活性剤により肌の必要な油分まで洗い流してしまい、肌荒れの原因となります。クレンジング不要のミネラルコスメは敏感肌の方には大きな選択となり得ます。

オーガニックコスメとミネラルコスメは何が違うのか?

ミネラルコスメとオーガニックコスメとの違いは一体何でしょうか?

オーガニックコスメは有機栽培による認証済みコスメ

オーガニックコスメ有機栽培で作られた植物由来成分による化粧品のことを指します。ヨーロッパではオーガニックコスメに使用する植物の有機栽培について、厳しい基準が設けられていることが多いです。

しかし、日本国内で有機栽培についての規格基準が設けられているのは食品のみで、化粧品には設けられていないのが現状です。中には添加物を多く含む物もありますので、オーガニックコスメについては海外で認定された商品を選ぶのが安全でしょう。

ミネラルファンデは鉱物を含んだ肌に優しいコスメ

それに対して、ミネラルコスメはミネラル、つまり鉱物を含みます。例えば、ミネラルファンデーションにはスキンケア効果が期待できる酸化亜鉛や紫外線を拡散してくれる酸化鉄が含まれています。

そんなミネラルコスメの中には、主成分がミネラルで、保湿効果のある大豆タンパクやオリーブオイルを合わせて作られた化粧品もあります。ミネラルだけでなく、植物成分を使用したミネラルコスメはお肌にとても優しくできています。

ミネラルコスメの代表的なブランド

MiMC

mimc

MiMcは世界で初めて「日本人の肌に合うように」というコンセプトでミネラルファンデーションを開発したブランドです。

その特徴はファンデーションに含まれる全ての成分が天然由来であるということです。種類も豊富で、カバー力抜群のミネラルクリーミーファンデーションやしっとりしたパウダーファンデーションは日本人の肌色に合うようなカラーが用意されています。

ファンデーションだけでなくマスカラやアイシャドウ、ルージュにもミネラル成分が使用されています。

mimc

エトヴォス

エトヴォス

同じくミネラルコスメの先駆け的存在であるエトヴォスは、国内で初めて純国産ミネラルファンデーションの販売を開始したブランドでもあります。

メイクをしっかり落とそうと洗顔をし過ぎてしまうと肌トラブルの原因になります。そこで、「肌に負担をかけず、石鹸で簡単に落とせる」というのがエトヴォスのミネラルファンデーションのコンセプトです。

また、化学成分を一斎使わず、ミネラル成分と植物由来成分でできた口紅は唇の荒れや乾燥を防ぐことができます。

エトヴォス
記事参考:エトヴォスの真実

購入の際は成分を確かめて

mutenka_kesyouhin

ミネラルコスメは肌への刺激が少なく、落とさずに眠っても平気と言われるほど肌に優しい化粧品です。ファンデーションも口紅も、ミネラルコスメであれば石鹸とぬるま湯で簡単に落とすことができます。

タルクとオキシ塩化ビスマスには注意

ただ、乾燥肌・敏感肌の方は「タルク」「オキシ塩化ビスマス」が含まれる商品は避けた方が良い場合もあります。

ミネラルコスメを購入する際には、実際にどのような成分が含まれているのかを確かめてから購入するようにしましょう。

「自然派」「天然由来」など、肌に良さそうな商品の謳い文句を目にすることもありますが、本当に添加物は含まれていないのか、また、化学成分はどんな物がどれくらい使われているのかということを確認し、質の高いミネラルコスメを選ぶことが重要です。

 - 美肌のルール , ,