シャンプー選びはpHバランスが大切

   

シャンプー

普段何気なく使用しているシャンプー。シャンプーには深いクレンジングアクションを実行して、髪の喪失を止める機能があります。しかしながら、髪にダメージを与えるシャンプーも中にはあるので注意が必要です。髪を薄くするシャンプーを避けないと、あなたが考えるよりも多くのダメージを頭髪に与える可能性があります。

鍵となるのはpH値の理解です。pHの不均衡、つまりアルカリ性と酸性のアンバランスは、髪のみならず人の健康にも重大な影響を及ぼす可能性があります。 毛髪に関しては、アルカリ性すぎるシャンプーは害を及ぼすことがあります。

もっともアルカリ性なものは石鹸水です。昔は石鹸で髪を洗う方もいましたが、髪のとっては致命的なケア方法といえます。

結論からいえば、毛髪のpHレベルに近いpH値のシャンプーを選びましょう。 pH値が4.5〜5.5の範囲外のシャンプーは避けてください。つまり、弱酸性のシャンプーがもっとも適切ということです。

一方、酸性の強いシャンプーは、毛髪を乾燥させ、脆くて硬くさせる可能性があります。酸性すぎるシャンプーを使い続けると頭髪を薄くする可能性が高いのです。

適切なpHバランスを有するシャンプーは毛髪の表面を滑らかにし、サラサラの髪に仕上げてくれます。一方、アルカリ性のシャンプーは髪の表面を荒らし、髪をより堅く見せます。

いくつかのアルカリベースのシャンプーは、毛髪からいくらかの色を取り除くことすらできます。アルカリ性のシャンプーは高い洗浄力を主張することもありますが、客観的な根拠はありません。

シャンプーの中には薄毛予防用のものも販売されていますが、これには注意が必要です。

DHT(ジヒドロテストステロン)は、女性および男性における抜け毛・薄毛を進行させてしまう要因です。 体内のホルモンであるテストステロンに5αリダクターゼという酵素が結びつくことで発生します。

DHTは、毛包の正常な機能を使用して干渉し、毛の成長を説明する細胞に誤ったシグナルを送ります。別の言い方をすれば、DHTは毛包を閉鎖させてしまいます。したがって、シャンプーが薄毛予防用のものであるのなら、DHTの影響を中和する成分と酵素を含むべきであるといえます。

あなたがそのようなシャンプーを購入するように誘惑されている場合は、それを製造する会社が、金銭的なリスクなしでそれを試すことができるように、返金保証を提供していることを確認してください。

 - 美しく見せるワザ