プロが実践する!写真映りをアップさせる方法

   

写真映り

自撮りカメラでの写真撮影時に、どうしてもブサイクに写ってしまう。そんな経験のある女性は少なくないはず。そこで、プロのカメラマンが実践している、写真映りをきれいにするためのコツを紹介します。どれも簡単に実践できて効果抜群。ぜひ試してインスタやSNSにアップしてみてください。

顔に立体感を出すプロの写真撮影

クラス会やパーティなどの記念写真撮影では、そのためのメイクをしておかないと、ぼやけた印象の証拠写真が残ってしまいます。

そこで、ファンデーションは2色を使い分けましょう

目や唇を中心とした顔の中央はいつものファンデーションで、額の髪の生え際やあごといった輪郭になる部分には、ちょっと濃い目の色を使います。こうしておけば、ライティングによって顔が白っぽく膨張せず、立体感豊かに写ります

瞳パッチリに撮れる意外な裏ワザ

できあがった写真は目を閉じているものばかり……。そんな人は、シャッターが下りる直前にキュッと目をつぶり、開けた瞬間を撮ってもらいましょう

女性の写真は、なんと言っても顔が命!です。見る人の視線を素敵な笑顔へと集中させれば、笑顔がもっている楽しい雰囲気を写真全体に広げられます。
引用:デジタル一眼カメラ上級者向け特別講座(ソニー)

こうすることで目元がパッチリ、しかもリラックスした表情に写ります。

リラックスした表情に写してもらうコツ

写真撮影のコツ

自分の写った写真は、どれも緊張して怒ったような表情……という人に、リラックスした自然な表情に写るコツを。顔の筋肉を硬直させず、唇を舌でなめて湿らせ、唇を数ミリ開くようにします。これだけで、女らしいやさしい表情が生まれるはずです。

左側から撮ると女性らしい表情に

人間の顔は、だれもが左右非対称です。右側からと左側からとでは、まるで別人ような写真に仕上がることがあるのです。

表情でいうと、顔の左側のほうが感情をつかさどる右脳とつながって筋肉が動くため、より感情豊かな印象になるといわれています。

女性らしいショットの写真にしたいときは、やや左側を向けて写してもらうといいかもしれません。

顔はカメラに対して20度顔が平べったく、幅広に映らないように、少し右か左に向けると、きれいに写してもらえます。できればベストショットは、カメラのレンズに対して20度の角度を保つといいでしよう。

こうすることで、顔の正面にある鼻が陰をつくり、顔を立体的に見せることができます。

きれいに写る角度をチェック

写真撮影でカメラのレンズに正面から向かうと、顔も体も幅いっぱいが写ってしまうことになり、どんな美人でも平板な印象になりがちです。

逆に、ちょっと斜めから撮ってもらうことでほっそり見えて、立体感も出ます。また、普段から鏡で自分がきれいに見える角度を研究しておきましょう。

できればデジカメを鏡と同じ角度に向けて撮影してみます。こうして美人に写る角度を見つけておいて、いざ写真を撮るときにレンズに対してすぐにその角度をつくれるよう練習しておきます。

足の角度で全身ポーズが決まる

たとえ頭のてっぺんから足の爪先まで写真に写る場合でなくても、姿勢が悪いと背中が曲がったり首を突き出したようなポーズになり、きれいな姿に写りません。立ち姿を美しくする練習をしておきましょう。ポイントは足の角度が45度になってるかどうか。

また、カメラマンに頼んで足先までは写さないようにしてもらいましょう。写真のフレームの中にひざまで映るくらいが、最もスタイルがよく見える構図です。足の長さがわかりにくくなるので、身長が低いことを気にしている人にもおすすめです。

顔だけを撮す場合は、上から見下ろすようにカメラを向けてもらいましょう。写真に写る表情は、見上げた顔になり大きく写るので、インパクトが強くなるのです。

下からあおりで撮る方法もありますが二重あごの人は、あごの段が強調されてしまうので気をつけましょう。

参考:人物写真のコツ(富士フイルム)

 - 美しく見せるワザ